<   2006年 03月 ( 1 )   > この月の画像一覧

心境の変化 ♪

e0014586_19322182.jpg海南島のボアオを出てから約10ヶ月・・・ あの地へ行く事は当分無いのだろうなぁ。
なんて寂しがっていたこの頃。

久し振りにまったりと過ごせた日曜日。
読書本の中に短編小説「天の刻(てんのとき・小池真理子著)」がありました。
ここのところ、蕗子はせっせと死に支度をしている。いつ死んでもいいように・・
という行からお話は始まる。 身の回りのものを増やさないなどとやっている女性の話。
女性であれば、そういうモノだろうかぁ・・・と、自分に合わせてみる。

先日、母が胃がんの手術をした。
早期発見で命には別状が無いと言われたが、自分の母が生死に関わる病気になる。
発見されてから手術まで約1ヶ月。 
仕事をこなし、合間を縫って病院へ付き添い、叱咤激励し、まさしく怒涛の日々でした。
そんな母が、きちんと整理をしている訳ですよね・・・ 母の偉大さを痛感したな。

小説の主人公と母は全く立場が異なるのですが、日本女性の感性を味わい、
自分もそうでありたいと思いましたの。

本日のWBC、韓国VS日本戦は、まさしく『日本人の感性』『大和魂』を味わいました。
素晴らしかったねぇ~!!!!!!
全世界の人々に『日本人・大和魂』をお披露目し、優勝して貰いたいものだ。


まったりした休日・短編小説・WBC戦などなどが、オーストラリア生活時代に自分自身に
掲げていた『日本人』『大和撫子』、何かに覆い隠されていたそれらが・・・
ひょっこりと芽を出しましたのぉ~!
感性を磨かなくては偏ってしまうのよね、人間って。
新しいイベント仕事を立ち上げてきて、やっと一段落ついたのか?? 
ちゃうちゃう、自分のバッテリー切れに気付いたのだろう。 これは動物的感かな。
新鮮な空気、環境、会話、体験、音楽・・ 栄養補給のタイミングなんだな。

来月は法事で行けないけれど、東京・・・のコンサートデビューしますからね!
お楽しみに~!!! to myself ♪


《私好み作家》小池真理子さん、田辺聖子さん、林真理子さん、宮元輝さん、高村薫さん

追伸:
母は自宅療養中。 胃袋の2/3程を摘出したので、リハビリ中だす。
元気印だからね(^^)/
[PR]
by boao-hainan | 2006-03-19 19:32